特殊整理の流れ

【1】ご遺体発見・検死・ご遺体の搬出
ご遺体発見後、警察の検死により事件性の有無が調査され、ご遺体が搬出されます。
孤独死や自殺、事故・事件の場合は、血液や汚染物などでお部屋が汚れ、異臭や害虫が発生していることもございます。
このような場合、お部屋の清掃は一般の方には厳しく、専門の技術・知識を持った専門業者にご依頼いただくことをおすすめいたします。

【2】お問い合わせ
警察によるお部屋への立ち入り制限が解除されましたら、お電話かメールにてお問い合わせください。
特殊整理の場合、ご遺族の方はもちろん、賃貸物件の管理者様からお問い合わせいただくケースも多々ございます。
ご相談やお見積りは当然無料で行っておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

【3】ヒアリング・お見積り
現場へお伺いし、状況を拝見させていただき、お見積書を作成いたします。
必要な薬剤や資材・規模に合わせて算出し、費用と内訳をご確認いただきます。
その際、ご不明な点などございましたらお気軽にお尋ねください。

【4】ご契約
お見積りの内容にご納得いただけましたら、ご契約となります。
清掃日程の調整などを行い、当日の作業内容の打ち合わせに進みます。

【5】作業
病原菌を運ぶハエなどが部屋に集まっているケースがございます。
その際は、まず汚染された箇所や空気中に専用の薬剤を散布し、感染症の予防をいたします。
その後、消毒・消臭、害虫駆除、汚物撤去など、順番に作業を進めていきます。

【6】作業完了
清掃が完了いたしますと、再度薬品を噴霧し、徹底的な除菌・消臭を行います。
ご遺体発見が遅れた場合や汚染が激しい場合は、においや汚れが染み込み、壁紙や床材の張り替えが必要になる場合もございます。
清掃後にお客様へ必要な措置をお伝えし、お部屋をご確認いただいて、作業完了となります。